部屋を暗くする

人間は、どうしても、夜になると眠りたくなってしまいます。

夜勤者にとっては、この眠気が大敵ですね。

この、夜になると眠くなるというメカニズムには、光が関係しています。

人間は、メラトニンというホルモン物質が分泌されると眠くなります。

そして、このメラトニンの分泌は、光と強い関係があるのです。

光の刺激を受けている間は、メラトニンの分泌がおさえられ、暗くなると分泌されることが知られています。

朝起きて、目から光が入ると、体内時計がリセットされます。

昼間の明るい光の下では、メラトニンは抑制されていますが、夜になるとメラトニンの分泌が始まります。

このメラトニンが作用して、徐々に体温を下げ、眠気が現れてきます。

ところが、このとき強い光の刺激が入ると、再びメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

そして、徐々に体温が上がり、眠気がなくなってしまいます。

このように、人間の眠気は、光の刺激によってある程度はコントロールできます。

夜勤シフト時には、昼間は厚いカーテンなどで、なるべく光を浴びないようにし、
夜に明るい光を浴びるようにすると、眠気はある程度はコントロールできます。