寝酒は、深いの眠りの大敵!

就寝前に「寝酒」と称してお酒を飲む習慣が、日本人には浸透していますね。

確かに、就寝前にお酒を飲むと、寝つきはいいような気がします。

けれども、これが大きな落とし穴。

実はアルコールは、睡眠の質を低下させてしまうんです。

アルコールを飲んで寝ると、寝つきはよいのですが、早い時間に何度も目が覚めてしまうということがおこりがちです。

お酒を飲んで、体内のアルコール量が一定量に達すると、個人差はありますが多くの人は眠くなります。

就寝前に飲む寝酒は、この眠たい状態で布団入りますので、すぐに眠ることができます。

けれども、眠っている間にアルコールが分解されますので、覚醒とレム睡眠が増えてしまいます。

また、アルコールには利尿作用があるため、トイレに行きたくなって目が覚めてしまうこともあります。

このように、寝酒は、快適な睡眠を邪魔する原因になります。

寝酒はすぐにでもやめたほうが、いい睡眠を確保できます。